さわだ行政書士事務所のブログ 二足のわらじの奮闘日記

京都府亀岡市にある「さわだ書店」と「さわだ行政書士事務所」。書店をしながら行政書士も頑張っています。

心付け

昨日、テレビ番組を見ていて、驚きました。

というより、全く知識がなかったので、世間知らずな自分に気付きました。

 

引っ越しの時には「心付け」を渡すということがあるのですね。

受け取る受け取らないは別として。

そもそも私は、引っ越し会社にお願いをして引っ越しした経験がなく(いつも自前)、また、この発想というか概念もありませんでした。

昨日の番組では、今人気のタレントさんが、例えば自宅に来られた電気屋さんとかにも、出張修理をしていただいたお礼に「心付け」を渡すというようなことをおっしゃっていたんです。

これまたビックリ。その発想はなかったです。

家の改修工事や庭の剪定など、長時間に炎天下で重労働をしていただいた場合には、お茶やコーヒーを出すのは分かりますが、そのタレントさんの話では、「心付け」って、お金なんですよ。

いわゆるチップですよね。

気は心と申しますから、コミュニケーションと感謝の気持ちを形で表すためには重要なことだと思います。

でも、自分にできるかどうかは、微妙です。

旅行では、ベッドメイクしてくださる方に感謝の気持ちとして枕元にチップを置くものなんですよね!?

私はいつも、布団の上げ下げはセルフサービスの旅館や公共の宿をばかり利用していますから、この場合は必要ないのかなと思います。

 

時と場合によりますが、どこか気恥ずかしいというか、スマートにできないんですよね。

これを自然とできる人になりたいものです。