読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわだ行政書士事務所のブログ 二足のわらじの奮闘日記

京都府亀岡市にある「さわだ書店」と「さわだ行政書士事務所」。書店をしながら行政書士も頑張っています。

いざ百井峠

f:id:synce-office:20160904175301j:plain

行ってきました百井峠。長年果たせなかった思いでした。

百井峠は、京都の鞍馬と大原を繋ぐ峠です。

かなり険しい道だと聞いていました。

国道ですが、いわゆる「酷道」。

私は道を巡るのが好きで、わざわざ細い道を選んで走りたい衝動に駆られます。

百井峠は、数年前に一度、トライしました。

しかし、その時は積雪があって、前輪駆動で、かつ、スタッドレスタイヤをはいていたのも空しく、峠の入り口の坂で、ずるずる滑って上に登らず、断念した悔しい思いがありました。

 

満を持しての再挑戦でした。

走ってみると確かに道は狭くて坂は厳しいのですが、「酷道」というほどではないみたい。

鞍馬から百井を目指したのですが、案外難なく到着しました。

f:id:synce-office:20160904175555j:plain

百井の集落では、加工品としてお漬物や農産物を販売されているところがあって、そこではコーヒーやジュースを1杯100円で出してくださる喫茶があります。

温かい雰囲気のご主人と娘さんで切り盛りされているようで、昨年ごろから町おこしの一環で運営されているそうです。

 

驚いたのは、気温です。

この日は下界(京都市内)では33度だったのに、百井では23度。

比叡山の頂上と同じ標高にあるのだそうです。

確かに、百井の集落を後にして気付いたのですが、大原に抜ける途中から見た谷の深いこと。

これほど高いところに住まわれてきたご苦労を考えると、今後も集落を大切に守り抜いていただきたいと思いました。

同じ京都市内とは思えないほどの、のどかな雰囲気は、車のエンジンに負荷を掛ける価値があると思います。

お土産に「キャベツの柴漬け」を買ってきました。漬物でキャベツって、珍しいですよね。

f:id:synce-office:20160904180130j:plain

また行きたいと思います。

 

帰りは大原から琵琶湖を抜けて、昼食です。

ラーメン屋さんの「バリバリジョニー」さんで、こってりラーメンをいただきました。

すごい「こってり」さのスープなので、麺がすすれないほど。

食べる前から器にへばりついて流れ落ちないスープが、その濃厚さを物語ります。

f:id:synce-office:20160904175714j:plain

 

ごちそうさまでした。