さわだ行政書士事務所のブログ 二足のわらじの奮闘日記

京都府亀岡市にある「さわだ書店」と「さわだ行政書士事務所」。書店をしながら行政書士も頑張っています。

スーツの効果

秋ですねえ。

まだまだ日中は暑いですけど。

 

10月の衣替えを控えて、冬物のスーツを新調しました。ごきげんです。

昨シーズンに欲しかったのですが、1年がまんして良かった。

イタリアの生地だそうですよ。どのへんが欧米なのか、よく分かりませんが。

10kgやせたので、あえて一回り小さいサイズにしました。

自分へのプレッシャーです。

リバウンドしたら、せっかくのおニューのスーツが着れなくなるのは嫌でしょ。

自分との戦いは続きます。

 

「人」と言うのは変わるもので、私も昔はとんがっていた時代がありました。

と言いましても、やんちゃだったとか、そんな大それたことじゃないですよ。

「スーツを着ない」というこだわりを持っていたのです。

私は、いわゆるサラリーマンのような会社員になったことがありません。

昔、ラジオの仕事をしていた時期があって、その時に1年ほど正社員になった程度です。

就職活動をしたこともないんですよ。

スーツを着る仕事に、なぜか抵抗があったんです。

ラジオの時代も、基本はこぎたない私服でしたから。

 

だからでしょうか、書店の仕事をするようになっても、時には会議や企画説明会などがあっても、私は、意地でもスーツを着ませんでした。

とがっていたなあ、あのころは。

私一人、会場で浮きまくってましたから。

私より年上のスーツ姿の男性ばかりが集まった京都の某ホテルの宴会場などでも、私一人がセーターですよ。

一応、清潔感をアピールするために、白いセーターを選んで。

感覚が著しくズレてますよね。

「そこちゃうで」と、我ながら言ってやりたいです。

決してスーツは着ない。それがポリシーと思っていましたから。

今思えば、単なる空気の読めないバカです。

 

その結果として、学んだことがありました。

人って、外観、しかも第一印象で、およそ相手を判断するということです。

私は自ずから、不利な判断を与えていたのです。

もったいないことでした。いいことは一つもありませんでした。

めっちゃ目を付けられましたし。

 

その教訓から、今ではネクタイがないと安心できません。

夏でも、できればネクタイ姿を貫きたいのですが、これほどクールビズが定着してしまうと、猛暑日の炎天下でネクタイを着用していると、逆に変人扱いをされます。

 

しかし、少しでもフォーマルさが漂うであろう会などでは、真夏であってもネクタイを付けます。

オンリーワンでも、気にしません。

それは、外見で損をした経験から、無難であるという認識があるからです。

でも、このこだわりもほどほどにしないと、逆効果かもしれませんね。

なにしろ、クールビズが市民権を得過ぎですよ。

当時の環境大臣である小池百合子東京都知事を、ちょっと恨んでいます。

小池さんだそうですね、クールビズを推進したのは。

やりすぎですよ、小池さん。市役所でポロシャツが当たり前になっちゃったんですから。

あまりにラフを容認する風潮に傾き過ぎてませんか?

ネクタイ=カタイ=悪というイメージがどこかにあるのか、特に若い人たちには敬遠されがちです。

私が言うのもなんですが、そういう人と同席していると、「ネクタイしていれば評価上がるのに、もったいないなあ」と思うことが良くあります。

これを指摘すると、「面倒くさいおっさん」ですよね。だから言いません。

 

それにネクタイって、出てるお腹を隠すというか、カムフラージュする効果もあると思いませんか?

 

ネクタイは中年の強い味方!?

いやいや、若い方がスーツでビシッと決めている姿って、かっこいいですよ。

 

当時の私に言ってあげたいなあ。