読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわだ行政書士事務所のブログ 二足のわらじの奮闘日記

京都府亀岡市にある「さわだ書店」と「さわだ行政書士事務所」。書店をしながら行政書士も頑張っています。

わが家のトイレは3つ

f:id:synce-office:20161228082138j:plainうちには人用のトイレが1つと、猫トイレが2つあります。

でも猫ちゃんは1匹(あずき)です。

 

デリケートなんですよ。うちのあずきは。

 

うんちをした後のトイレでは、掃除(うんちを取り除く)しなければ、おしっこを絶対しません。

じゃあ、我慢できなかったら、どうするのか、といえば、座布団の上で用を済ましたります。

これは困ります。

 

仕方ないので、同じトイレを2個、常にきれいにしてあげて置いています。

でも、どちらか一つがうんち用でおしっこ用というように、彼女(あずき)のなかで決まっているわけではないようで、きまぐれにどっちでもします。

 

その理由はよく分からないのですが、固形物であるうんちをした上から、液体であるおしっこをかけちゃうと、猫砂も汚れやすいでしょうし。

もしかすると、少しでもトイレをきれいなまま長く保つために、彼女なりの工夫なのかも。

 

そこまで考えてるなら、すごいですよね。

猫界でも筋金入りの潔癖症と言えるのかもしれません。

おそらく普通の使用よりも清潔さを保てているのは確かにそうかもしれず、いいことかもしれませんね。

おかげで、トイレの臭いは全くしませんよ。有難いです。

毛づくろいも、常に念入りに長くしていますから、きれい好きなんでしょうね。

 

ただ、キジトラなんですよ。

キジトラって、日本の野良猫で、一番多い種類なんですよね。

つまり、外見は、野性味に溢れています。

 

でも、やっていることは血統書付きの猫みたいにお上品。

体質からちょっと腎臓が弱いそうで、ごはんも病院指定の高いものしか食べません。

私よりいいもの食べてるかも。

雨の日に動物病院の前に捨てられていたところを保護され、それを貰ってきたのですから、ごくごく一般的な飼育環境(庶民的)で迎えたのですが、それは彼女の中でNGだったみたいです。

 

かなりきまぐれ。しかも頑固でわがままなところも。

でも、うちの可愛いお嬢様です。