読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわだ行政書士事務所のブログ 二足のわらじの奮闘日記

京都府亀岡市にある「さわだ書店」と「さわだ行政書士事務所」。書店をしながら行政書士も頑張っています。

農地や森林の相続は、漏れにご注意を。

f:id:synce-office:20170310133522p:plain

 

今日は、相続の手続きで見落としてしまいそうな事柄を、ご紹介します。

不動産の相続といえば、その手続きとして「登記」をすることは、皆さんご存じだと思います。

そのうち、農地と森林の相続については、その所在地を管轄する市区町村への手続き(届出)が必要です。

農地の場合は平成21年12月、森林の場合は平成24年4月から届出が義務化されました。

 

国土交通省のデータによれば、相続人のうち必要な手続きを全て完了している人の割合は農地で10.5%、森林ではわずか6.1%に留まっているそうです。

つまり、農地や森林を相続した人のうち9割程度は、何らかの手続きが不足しているということで、その中には、市区町村への届出の漏れが含まれると考えられます。

 

届出が義務となった理由としては、農地及び森林所有者の不在化及び不明化を防ぐことにありますが、耕作放棄地(遊休農地)を把握することのほか、有効な鳥獣害対策による周辺住民のための環境改善や、災害発生時の迅速な復旧等もあります。

また、農地や森林を取得した人が、遠隔地に居住するなどで農地等が利用できない場合に、貸借のあっせんを行う等、土地所有者の適切な管理や利用を促進するという目的もあります。

 

なお、届出をする期限は、農地の場合は相続発生から10か月以内、森林の場合は土地の所有者となってから90日以内と決まっています。

届出をしなかったり、虚偽の届出をした者は10万円以下の過料に処せられることがあるのでご注意ください。

 

不動産の登記(法務局への手続き)は司法書士、農地・森林に関する届出(市区町村への手続き)は行政書士が、その専門です。

 

漏れなく、手続きは完了しておきたいですね。