さわだ行政書士事務所のブログ 二足のわらじの奮闘日記

京都府亀岡市にある「さわだ書店」と「さわだ行政書士事務所」。書店をしながら行政書士も頑張っています。

証明書はどこで発行されるの?

気が付けば、すっかり秋ですね。

日中はまだまだ暑い感もありますが、陽が陰った途端、一気に気温が下がります。

季節の変わり目は、風邪にご注意を!ですね。

 

さて、私が行政書士を始めた頃は、各種証明書を発行してもらうことすらも、四苦八苦したものです。

だって、証明書が発行される場所って、一般常識でもないですよね。

行政書士試験にも、そんなこと出なかったですから。

 

当時はそもそも、どこの窓口で、どんな証明書が発行されるのか、それすら分かりませんでした。

今では職業柄で当たり前になりました。

 

では、質問です。易しいところから・・・、

 

①A.登記簿はどこで交付請求(閲覧)できますか?

Q.もちろん法務局です。

 

②A.法人の印鑑証明書は、どこで発行されますか?

Q.法務局です(ちなみに個人は、市区町村役場)

 

③A身分証明書は、どこで発行されますか?

Q.本籍のある市区町村役場です。(ちなみに運転免許証のことではありません)

 

所得税および消費税の納税証明書は、どこで発行されますか?

Q.税務署です。

 

⑤事業税の納税証明書は、どこで発行されますか?

Q、事業税は地方税ですので、都道府県の窓口です。

 

都道府県民税の課税証明書は、どこで発行されますか?

Q、一般的には、住民登録している市区町村役場です(市町村民税と一緒に記載されるからです)

 

⑦A,固定資産税関係の証明書は、どこで発行されますか?

Q,市区町村役場です。地方税(市町村税)だからです。

 

⑧A.出生届や婚姻届の写しは、どこで発行されますか?

Q.管轄する法務局です(外国人は届けた市区町村役場)

 

⑨A.登記されていないことの証明書は、どこで発行されますか?

管轄する法務局の本庁です。郵送の場合は、東京法務局のみになります。

 

⑩A.外国人登録原票の写しは、どこで発行されますか?

法務省の本省です。

 

このように、交付を請求する証明書が、何に基づくものかを考えれば、およその目途が立ちますよね。

法務局(省)は人権を司るので、極めて高度な身分関係の情報について、厳重に管理することになります。

 

ところで先日、私は証明書の交付請求の際にあることに気付き、感動しました。

京都市」のサービスの細かさ、行き届いている配慮に、です。

 

亀岡に土地勘がある人なら分かってもらえると思うのですが、私の事務所のある「千代川」は、南丹市との境にあります。いわば、京都市からみれば、亀岡市の最も端(遠いところ)に位置します。

そのために、京都市内の区役所に用事があって行こうと思えば、一番近くても西京区の洛西ニュータウンにある支所です。

事務所からは車で40分くらいはかかります。

しかも、9号線はいつも渋滞です。

 

しかし、実はもっと近い場所に、京都市の住民サービスを提供してくれる場所があることに気が付きました。

それは、右京区役所の「宕陰出張所」です。

右京区嵯峨樒原にあるのですが、水尾から南丹市に向かう途中にあります。

この「宕陰出張所」なら、私の事務所からは25分ぐらいで着きます。

しかも絶対に、渋滞知らず!

以前は道中で、クマを見たぐらいですから。

 

「宕陰出張所」の周辺には、京都市右京区として、水尾、樒原、越畑という集落があるのですが、人口は少ないと言えます。

それにも関わらず、市民サービスのため出張所を置いているのですから、京都市は素晴らしい!

さらに京都市では、市内の主要な駅に、土曜・日曜・祝日でも証明書を発行してくれる窓口が設置されています。

これって、手厚いサービスですよね。

例えばサラリーマンなら平日の日中、市役所の窓口が開いている時間に動けるとは限りませんから。

有難いサービスだと思います。

 

京都市、すごいなあ。

亀岡市も見習って、千代川出張所を作ってくれないかな。

しかも土曜・日曜も営業してくれれば、もれなく利用しますよ!

 

サッカー場ができるのなら、そこに休日や夜間も利用できる行政サービスの窓口を設置すれば、市民の利用者が増えるかも。

 

向日市は今度、阪急の東向日駅前にあったイオン(旧サティ)の跡地の商業施設に、市役所の機能をもたせた出張所を開設するんですよね。

きっと便利になりますね。向日市民は大歓迎だと思います。

亀岡市にできるサッカー場は、まさにJR亀岡駅前ですよ。

亀岡市さん、ぜひご検討を!